*

第14期共育講座(第2講)

公開日: : 共育講座, 社員教育

改善を身近に!生産向上グループワーク(実践編)
講師 株式会社LIXILトータルサービス 町田 豪氏

第1講でコミュニケーションが取れたところで、この第2講のセミナーは関連性があり、とても意義のあるものと思われる。
なぜならば、製造(仕事)をするにあたって、話し合ってプランを組んで段取りよく作業を行うことが、いかに生産能力を高めることができるかが、実感できるからだ。また、作業をした後には改善点を考えて、次回への製造作業にて実践をして、どれだけ向上したかが体験することができるからである。

内容は、6名が一つの会社を作り、折り鶴を製造して、販売店に仕入れて頂くことである。もちろん不良品は仕入れてくれない。また時間をかけて作れば、製造原価も高くなることも考慮しているルールとなっている。
会社名は、株式会社フラワーズ・株式会社 長嶋・株式会社リングス西山と決定。各社が打ち合わせをして、一回目のゲームがスタートした。初めての体験であり、どれだけの作業時間ですればよいのかもわからず、全体的にゆっくりとした作業で折り鶴を製造していた。各チームとも頑張って折り鶴を製造したが、結果は3社とも赤字となった。
赤字の結果が出たことに、各社の戸惑いを感じた。早速に各社が話し合いをして、反省点や、改善点を考えて二回目は、どのようにして製造するかを決めた。
いよいよ2回目がスタートした。もちろんのこと各社は、真剣に折り鶴を折っていた。声掛けもされてたし、各自の手が止まることなく作られていた。自然と姿勢も良くなっていたし、効率良く作業が出来るように席の移動もされていた。結果は大きく改善されて、2社が黒字になった。 結果は、下記に記す。

(株)フラワーズは、1回目マイナス¥30,600-に対して、2回目マイナス¥22,500-
(株)長嶋     1回目マイナス¥12,300-に対して、2回目利益  ¥ 9,420-
(株)リングス西山 1回目マイナス¥15,840-に対して、2回目利益  ¥20,920-

(株)リングス西山の改善の差額が一番多く、さすがに改善点の内容も、しっかりとしていた。例えば、目標時間も設定していたし、熟練工が未熟練工に対してのサポート及び使い分けも明確にしていた。また3社とも結果を発表しているときの受講者の顔は、一回目の時と比べて二回目の時にはすがすがしい顔であった。
今回の講座は、成長の現れを感じた素晴らしい講座であったことを報告する。

関連記事

第13期共育講座(第4講)

「自律的社員をめざそう」 講師は 人・みらい研究所の筒井典子氏にお願いしました。 今

記事を読む

第14期共育講座(第6講)

改善を身近に!生産向上グループワーク(実践編Ⅱ) 講師 ビスタワークス研究所 伝え役 結城 貴

記事を読む

第14期共育講座(第5講)

先輩社員の話を聞こう!! 10月18日(木)ポリテクセンターで第14期共育講座第5講を開催しま

記事を読む

第12期共育講座(前半)

第1講~第5講まで 前半は、受講生のコミュニケーションを図る目的で、コミュニケーションに関

記事を読む

第14期共育講座(第7講)

第7回 あなたがカフェのオーナーだったら                        講師 池澤

記事を読む

第14期共育講座スタート

第1回 開講式・オリエンテーション・他己紹介 講師 池澤本店  池澤秀郎氏 第14期共育講座が

記事を読む

講師の池澤まゆみさん

第10期共育講座その2回目

2014年7月23日に第2回「共育講座」が開催されました。 前回と同じく、桟橋通の高知ポリテク

記事を読む

第13期共育講座修了式

2月22日、土佐御苑さんにて受講生23名の修了式を開催いたしました。 今年も無事に修了式を迎え

記事を読む

第9回 共育講座

2015年1月15日 第9回目の共育講座が行われました。 第10期の共育講座も残すところ

記事を読む

第13期共育講座

第13期共育講座がスタートしました。 第12期引き続き、他己紹介からのスタートです。 他

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


PAGE TOP ↑