*

第13期共育講座(第7講)

公開日: : 共育講座, 社員教育


共育講座修了生からのメッセージ
   土佐御苑  今橋 千春
まず、今回の講座について、受講生にとっては、身近な方からのお話なので、素直に聞き入れることが、出来たのではないかと思いました。
今橋さんの話は・・・
始めに、人生の中で3人に影響を受けたことを、話してくれました。

①父親について
お父さんは、今橋さんにとってよき理解者であり、今橋さんが少学4年のとき好きで始めたサッカーの練習を毎週観に来てくれて、褒めてくれるだけでなく、やがてアドバイスをしてくれるようになった。おかげで、サッカーも上達したが、なぜか、1年目は応援に来てくれてなかった。その後、お父さんは55歳という若さで、病気で亡くなった。応援に来てくれなかったその理由を、今橋さんは20歳の時に、母から聞いた。
それは・・・
今橋さんがサッカーを始めたときは、サッカーのことをお父さんはあまり知らなかったので、まず1年間はサッカーについて勉強していたからで、仕事が終わってから夜遅くまでサッカーの勉強をしていたのであった。

②高校時代のサッカー部のサッカーが下手だった先輩「テンションさん」
先輩「テンションさん」は、サッカーが思いっきり下手なのに、なぜサッカー部で頑張るのか謎であった。下手なのに周りが楽しくなるように盛り上げてくれていた。そんな先輩に失礼な質問を投げかけた。「下手なのになぜサッカーを続けているのか?」答えは「サッカーが好きだから、下手でも周りを盛り上げてチームのために頑張っている」ことを聞く。 それからは、チームプレイを心がけるようになり、国体に参加することができるようになった。

③社会人になってから知り合った「大工の山ちゃん」
このかたは、今橋さんが建設関係で働くようになって、青森の現場で大工の手配がつかなく困っていた時に、大工の山ちゃんが4人も大工を連れて、今橋さんの現場を助けてくれた。

3人とも今橋さんのことを大事にしていたことがとても印象的でした。
今橋さんにとって、とても重要な出会いであったと思います。自分に置き換えてみても、考えさせられることでした。
後半は、土佐御苑で働くようになってからの、仕事について学んだことを、話くれました。「仕事に雑用はない」「頼まれごとは試されごと」「120点を取る気持ちがなければ100点は取れない」「自分が思ったことはお客様も思っている」等々について言葉の意味の根本を話してくれました。最後に受講生のみんなに素晴らしい言葉をプレゼントしてくれました。それは全てにおいて最高の言葉です。
   「ありがとう」

関連記事

第12期共育講座(後半)

10月19日 「社会人におススメしたい6つの習慣」 池澤 秀郎氏が講師として話してください

記事を読む

講師の池澤まゆみさん

第10期共育講座その2回目

2014年7月23日に第2回「共育講座」が開催されました。 前回と同じく、桟橋通の高知ポリテク

記事を読む

第13期共育講座(第4講)

「自律的社員をめざそう」 講師は 人・みらい研究所の筒井典子氏にお願いしました。 今

記事を読む

第12期共育講座 ショートムービー

第12期共育講座の様子をショートムービーにしました 第1回講座~修了式まで、受講生の皆さんの様子を

記事を読む

第13期共育講座修了式

2月22日、土佐御苑さんにて受講生23名の修了式を開催いたしました。 今年も無事に修了式を迎え

記事を読む

第12期共育講座(前半)

第1講~第5講まで 前半は、受講生のコミュニケーションを図る目的で、コミュニケーションに関

記事を読む

第13期共育講座(第6講)

 第13期共育講座の第6講を11月16日(木)ポリテクセンターにて開催いたしました。 講師

記事を読む

第13期共育講座

第13期共育講座がスタートしました。 第12期引き続き、他己紹介からのスタートです。 他

記事を読む

第9回 共育講座

2015年1月15日 第9回目の共育講座が行われました。 第10期の共育講座も残すところ

記事を読む

講師の池澤まゆみさん

第2回共育講座

経営者と社員が共に学びあう共育講座の第二回が、7月23日(水)に高知市桟橋のポリテクセンターで開催さ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


PAGE TOP ↑