*

高知支部7月例会

公開日: : 最終更新日:2016/10/11 高知支部例会

ぼろぼろロケットからの再生。
「自分が変われば社員が変わる、社員が変われば会社が変わる」

%e8%a5%bf%e6%a3%ae%e3%81%95%e3%82%93

有限会社城南タイヘイトーヨー住器 代表取締役 西森 大氏

高知支部7月例会の報告者は、有限会社城南タイヘイトーヨー住器の代表取締役 西森大さんでした。
報国のタイトルは、 ”ぼろぼろロケットヽからの再生。「自分が変われば社員が変わる、社員が変われば会社が変わる」といつ視点でお話しいただきました。城南タイヘイトーヨー住器は、1988年の創業。3社で構成するタイヘイグループの一翼を担う企業で、主に住宅設備の施工や販売などをされています。
西森さんは、大手建材メーカーでの勤務を経て、高知にUターン。入社当時は、売上至上主義に傾向した旧態依然の体質やシステム化されていない業務体制などに愕然とし、社内には無気力感が漂っていたそうです。
経営状態も悪化し、まさに、会社は”ぼろぼろロケット“の状態。不安感でいっぱいだった西森さんの気持ちを支えたのは、かつての先輩や高知同友会の会員からの激励の言葉でした。そして、なぜ、うまくいかないかを冷静に考え、企業再生に向けた土台づくりに取り掛かります。
西森さんは、社員との話し合いを何度も重ね、その結果、右腕となる強力な協力者が誕生します。さらに、回収管理の強化、コストの削減、生産性の向上を組織の力で徹底的に取り組み、情報の共有化とデータにケット“に点火した瞬間です。以来、8年間黒宇経営とのことでした。
振り返ると、経営理念の確立がなければ、内部崩壊の危惧もあったのではともお話しされました。経営理念の重要性を実感し、いまは、その浸透に力を注いでいるそうです。
cimg6405

関連記事

高知支部 9月例会

「三代目社長が障碍者雇用を決意したわけ」 ~多様性を認め受け入れられる会社づくりを目指して~ 報

記事を読む

同友会的経営を実践する~どう企業経営・事業継承にいかすのか~(渡邊基文氏の報告)

8月26日は、高知支部例会を全国規模の同友会大会で実施しているような見学分科会の形式で学びの場をつく

記事を読む

高知支部11月例会

コロナ禍の今だからこそ、決算書を見つめ直す!! 報告者 ㈱アオイコーポレーション 脇川慎

記事を読む

新米社長のほほえみ奮闘記

同友会の開始は18時。 定刻になりまして、始まりました。 左から室長・坂本さん、

記事を読む

12月15日「出番ですよ例会」延期、「望年会」中止のお知らせ

お知らせ 平素は、当会の活動にご理解ご協力賜り、心よりお礼申し上げます。 早速ですが、昨日、県よ

記事を読む

高知支部2月例会

「志をつなぐ二代目経営者をめざして」 報告者 株式会社アークデザイン研究所 代表取締役 松本 敏氏

記事を読む

高知支部7月例会

代表理事報告シリーズ第1弾     「さあキラキラ輝こうぜ!~輝く社員、輝く会社、輝く同友会

記事を読む

出番ですよ例会報告者3名

高知支部12月「出番ですよ」例会

2014年最後の高知支部例会は、支部理念「出会いを大切にひとりひとりを活かす支部を目指します」の実践

記事を読む

高知支部3月例会

これまでの10年、これからの10年 有限会社高村火薬店 取締役営業部長 高村俊寛氏 令和3年

記事を読む

高知支部6月例会

『スポーツ鬼ごっこを活用した組織経営の可能性』 高知県スポーツ鬼ごっこ連盟・高知県障害者スポー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • 会員のための同友会活動管理ツール「e-doyu」はこちら
PAGE TOP ↑