*

高知支部2月例会

公開日: : 高知支部例会



高知支部2月例会を、高知中央南支部、ディーセントワーク委員会合同企画にて開催いたしました。車椅子の防災士桑名秀輔氏に「ハンディはあるけど、元気です。」と題してご講演頂きました。
桑名秀輔氏は、今回進行を務めさせていただきました私、町田の同級生で桑名皮膚科の院長桑名隆一郎先生のご長男でいらっしゃいます。障碍がありながら防災士の資格を取得され、母校の土佐中学校・高等学校で毎年講演をされていることを、以前からお父様からお聞していました。そこで、2月例会の企画検討会で是非、講師としてお招きしたいと提案させて頂き、快諾いただきました。
桑名氏は突然の不慮の事故により、思いもよらず首から下が不自由となり流暢に話をする事も出来なくなりました。講演の冒頭「絶望の中から多くの人に助けられて活動しています。」との言葉がありましたが、多くの困難が伴う中、防災士の資格を取得され、また、高知短期大学では学長賞を受賞され首席で卒業されています。今も高知県立大学で科目等履修生として学びを継続、真剣に前を向いて勉学に励んでおられます。
講演は数十ページに及ぶパワーポイントを用いて行われましたが、全てご自分で作られたとのこと。防災に関しては減災対策、地震の仕組み、津波の仕組み、防災士としての活動について説明され、防災Q&Aも行われました。また、防災士でありながら要介護者の視点から自助、共助、公助の大切さを語られました。防災とは別に障碍者として普段から感じている社会インフラ(公衆トイレ、スロープ、駐車場、販売店、娯楽施設等)の改善点も指摘されました。
最後にご自分の趣味である釣り、旅行、車椅子ランニングについても明るく語られました。40名の参加で、マスコミの取材もありました。例会の模様は高知放送で放映され、高知新聞にも記事が掲載されました。
私は桑名氏のお話を聞いていて車椅子の理論物理学者ホーキング博士が頭に浮かびました。桑名氏は有限会社メディエス桑名の社長として経営にあたられており、中小企業家同友会に参加して頂ければ、我がディーセントワーク委員会も新たな活動が展開出来るのではと密かに期待しております。

関連記事

no image

新型コロナウイルス感染症への対策につて

新型コロナウイルス感染症への対策について 新型コロナウイルス感染症の感染拡大が大きく報じられる

記事を読む

高知支部 9月例会

「三代目社長が障碍者雇用を決意したわけ」 ~多様性を認め受け入れられる会社づくりを目指して~ 報

記事を読む

高知支部12月例会「出番ですよ!」

   ~お互いの会社を知り合おう!!~ 高知支部の12月例会は、支部理念「出会いを大切にひとりひと

記事を読む

出番ですよ例会報告者3名

高知支部12月「出番ですよ」例会

2014年最後の高知支部例会は、支部理念「出会いを大切にひとりひとりを活かす支部を目指します」の実践

記事を読む

同友会的経営を実践する

  2015年3月24日 今年から同友会高知支部の例会は6時からスタート、 9時で修了すること

記事を読む

大望年会

12月19日(火)、高知城ホールにおいて「大望年会」が執り行われました。 第1部は、各支部

記事を読む

高知支部6月例会

『スポーツ鬼ごっこを活用した組織経営の可能性』 高知県スポーツ鬼ごっこ連盟・高知県障害者スポー

記事を読む

新米社長のほほえみ奮闘記

同友会の開始は18時。 定刻になりまして、始まりました。 左から室長・坂本さん、

記事を読む

高知支部3月例会

「学歴なし、金なし、女なし、人生の目標なし。ないないづくしから始まつたどんづまり人生。それでも俺

記事を読む

高知支部3月例会

定着率0から退職率0へ! ~同友会で学んで真の経営者になれた!?~ 報告者 香川同友会 有限

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


PAGE TOP ↑