*

高知支部8月例会「出番ですよ」

公開日: : 高知支部例会

8月の高知支部は、支部理念「出会いを大切にひとりひとりを活かす支部を目指します」の実践として「出番ですよ」例会を開催。今回は、昨年から今年にかけて入会した3名の経営者の方々が報告されました。

  • と き 2014年8月19日(火) 18:30~20:30
  • ところ サウスブリーズホテル
  • 参加費 無料(懇親会は参加費別途)

同友会理念の唱和からスタート

同友会理念の唱和

8月「出番ですよ」例会の室長は大塚・津田法律事務所の津田さん。※写真手前。
例会は参加者全員による同友会理念の唱和からスタートしました。

参加者全員で同友会理念の唱和

高知の経営者3名の報告

ヒーリングコンシェルジュ 雅歩 真屋 さおり 氏

トップバッターはヒーリング コンシェルジュ 雅歩(がぽ) 真屋(しんや)さん。

フットケアサロン経営・真屋さおりさん

雅歩はドイツ式メディアカルフットケア、巻き爪矯正などのネイルケア、フットカウンセリング、シューズセラピーなどを行うフットケアサロンであり、介護事業所等への訪問フットケアも行っています。

ハイヒールを履いてジュエリー販売をしていたとき、疲れを取るために受けたサロンでのケアに「わたしがやりたいのはこれだ!」と直感し、周囲の反対を押し切ってフットケアサロンを始められたそうです。

また、2013年には足もとから健康を考えるNPO法人「介護予防フットケアサポートねっと」を設立。フットケア講演会やセミナー、フットケアスクールの開講などに取り組む組織は県外に支部を設けるなど、全国に広がっています。

「足は体の土台。健康を保つため、介護予防のためにも、正しいフットケアが歯磨きのように当たり前の習慣になることを目指して活動していきたい。」

約20分と短い時間でしたが、真屋さんの熱い思いが伝わる報告でした。

実は多い足のトラブル

質問タイムでは、NPOの広がりについて、他県の事業者とどうやって繋がっていったのかといった質問が。

足についての質問をする会員

そして「実は私も巻き爪に悩んでいます」「スポーツによる痛みがあるのですが…」といった足に関する相談もいくつか出て、会員さんの悩みが解決に向かったり、フットケアの大切さが浸透した時間でもありました。

株式会社 南の風社 細迫 節夫 氏

続いて企画・自費出版物の編集及び出版・デザインを手がけられている南の風社代表の細迫さん。

細迫さんの報告

山口県で生まれて愛知県で育ち、高知に来てから40年だそうです。

“若気の至り”で本を作った。業務内容が多すぎて、製品が出来てからも仕事のある出版は誰もやらない。販売価格1,500円の本の印刷費が1,200円。せっかく1万部のヒット作だったのに、売れれば売れるほど赤字になった。

1対1だとどうしてもぶつかる。3人4人と社員が増えた方が、人間関係という意味の経営はやりやすい。

など、具体的なエピソードも織り交ぜながら、これまでの苦労や気づきを語ってくださいました。

地域に根付いた文化広報誌

「最新号でのご紹介ありがとうございます」

会員からお礼の声

南の風社が手がける高知の文化広報誌「とさぶし」に掲載された高村火薬店の高村さんです。

「とさぶし」は参加した会員さん全員にも配られましたが、その内容の面白さと美しいデザインに、みんな熱心にページをめくっていました。

株式会社アークデザイン研究所 松本 敏 氏

最後は事業プランニング、デザイン制作、交流イベント等の企画実施をされている株式会社アークデザイン研究所の松本さん。

アークデザイン研究所松本さん

報告の中ではこれまでに手がけられた企画やデザイン事例紹介のほか、「デザインは全くやったことがなかったけれど、高知へUターンしてきたときに前社長に拾ってもらいました。」と、入社のきっかけを話してくださいました。

3年前にその社長が亡くなり後を引き継いだ松本さんは、11人の社員を引っ張って行けるのかという不安や、目の前の数字のプレッシャーに戸惑ったそうです。

「経営者は孤独です。だからこそ、同友会に入って本当に良かった。」

この言葉に共感し、うなづく会員さんがたくさんいました。

キーワードは「共感」

同業者からの質問

同業の方や「私もその業務自体は経験がなかったけれど事業継承しました」といった方が手を上げられ、「共感」をキーワードにした質問タイムとなりました。

出番ですよ例会の魅力

「出番ですよ」例会にはグループ討論がありませんが、報告者の方の歴史や思いといった「人」そのものを知ることができるのが魅力です。限られた時間の中で心に響く素晴らしい報告をしてくださった3名のみなさま、本当にありがとうございました。

3名の報告者

(広報委員・片岡)

そんな同友会に興味のある方は

まずは例会へのオブザーバ参加をしてみてはいかがですか?
ぜひお気軽にお問い合わせください。

同友会へのお問い合わせはこちらから

関連記事

同友会的経営を実践する~どう企業経営・事業継承にいかすのか~(渡邊基文氏の報告)

8月26日は、高知支部例会を全国規模の同友会大会で実施しているような見学分科会の形式で学びの場をつく

記事を読む

新米社長のほほえみ奮闘記

同友会の開始は18時。 定刻になりまして、始まりました。 左から室長・坂本さん、

記事を読む

「サンシャインが目指す高質スーパーの姿」高知支部・経営労働委員会共催例会

 経営労働委員会との共催例会です 平成15年6月26日 高知支部・経営労働委員会共催の例会が開催

記事を読む

高知支部 8月例会

「社長のための法律講座」 (労使間のトラブル・働き方等々) 報告者 中西法貴氏 中西・髙野法律事

記事を読む

高知支部6月例会

「あきらめない。やるしかない。~新しいビジネスモデルへ本気で挑戦!~」 報告者:株式会社リーブル 

記事を読む

高知支部6月例会

「継ぐって、たいへん。 〜みんな,価値観ちがうんだもん!」 株式会社サイラタウン 田中まみ氏

記事を読む

高知支部9月例会「「人を生かす経営」から学ぶ」

2014年9月17日、高知市のかるぽーと9階第3学習室を会場に、高知支部9月例会が開かれ、株式会社ソ

記事を読む

出番ですよ例会報告者3名

高知支部12月「出番ですよ」例会

2014年最後の高知支部例会は、支部理念「出会いを大切にひとりひとりを活かす支部を目指します」の実践

記事を読む

わのわ会・安岡千春氏の発表

高知支部・ディーセントワーク委員会合同9月例会

9月27日、サウスブリーズホテルにて、NPO法人日高わのわ会事務局長・安岡千春氏に「人が活きれば地域

記事を読む

高知支部2月事業所見学会

有光酒造さんを訪問しました 2月13日(土)、安芸市赤野の有光酒造さんにお邪魔しました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


PAGE TOP ↑