*

同友会と私「株式会社 あすらぼ」

公開日: : 同友会と私

同友会と私

株式会社 あすらぼ
代表取締役 森安 美抄
misa-moriyasu

私が中小企業家同友会のドアをノックしたのは、今から6年ほど前のことでした。私は特に事業承継者でもなく、当時誰かの下で経営について接する機会があったわけでもありませんでしたが、事業譲渡により県外に複数事業所がある会社へ経営者のひとりとして参画することに。そこでは、出自の違う組織体が一つの会社組織を構成する状況でした。そのため、他拠点と方向性を同じくしながらの会社経営を行うために何らかの手法を取らないと、この組織体は空中分解してしまうのではないか、そんな焦燥感に駆られていた日々が思い起こされます。

伝手を頼って行き着いたのが、経営指針の成文化と経営理念を主軸に据えて活動する中小企業家同友会でした。入会後早いタイミングで経営指針を成文化する会に参加。ひよっこ経営者の私の話にも関わらず、先輩経営者の方々が真剣に耳を傾け、また、真摯に意見をくださるという貴重な体験に胸を打たれました。

こうした同友会の姿勢に触れるにつけ、私の中で、同友会の真髄が知りたいという気持ちが増していきました。県内での例会への参加はもちろんのこと「全国大会は勉強になるよ」と聞けば即行動し、4大会をはじめとする全国大会へ足を運び、学びと交流を深めました。中でも、2013年、東京での青年経営者全国交流会(青全交)で分科会報告をさせていただけたことは、大きな糧となっています。あわせて、ここのところ2期ほど高知支部の支部長をさせていただき、自社の経営と同友会運動を連動させようと取り組んでいます。

「経営者にとって大切なものは何か」本質を自問自答しながらの毎日を送るなか、2014年、以前の会社を出て、ついに自分で創業するという大きな決断を実行しました。これまでの様々な学びから培ってきた、自分なりの経営に対する思いを大切にした結果の行動とも言えます。今は創業者として、生まれたばかりの会社を育てるお母さんでもある日々は、まさに毎日がてんやわんや。でも、もう少し時が経って振り返ればこれも笑い話になるかな、そう自分に言い聞かせて今日も前へ進んでいます。

関連記事

naoaki-machida

同友会と私「株式会社 土佐龍馬の里」

同友会と私 「株式会社 土佐龍馬の里」 専務取締役 町田 直明 私が高知県中小企業家同

記事を読む

makiko-maeda

同友会と私「株式会社 レコー」

同友会と私 「株式会社 レコー」 取締役 前田麻記子 あの頃、私は30歳半ばを過ぎ、亡

記事を読む

mami-tanaka

同友会と私「株式会社 サイラタウン」

同友会と私 「株式会社 サイラタウン」 代表 田中 まみ 私が同友会に出逢ったのは

記事を読む

kiyo-nishigawa

同友会と私「有限会社 アフロディア」

同友会と私 「有限会社 アフロディア」 代表取締役社長 西川 きよ  

記事を読む

shihoko-yabe

同友会と私「FP おふぃす Y.o.i」

同友会と私 「FPおふぃす Y.o.i」 代表 矢部 志保子 「お疲れさまです」月

記事を読む

masashi-tamura

同友会と私「エール薬局 あき店」

同友会と私 「エール薬局 あき店」 代表 田村 昌士 今からおよそ13年前、岡山県

記事を読む

Exif_JPEG_PICTURE

同友会と私「有限会社 城南タイヘイトーヨー住器

同友会と私 「有限会社 城南タイヘイトーヨー住器」 代表取締役 西森 大 高知にU

記事を読む

masataka-nagano

同友会と私「株式会社 飛鳥」

同友会と私 「株式会社 飛鳥」 代表 永野 正将 男4人の末っ子として生まれ、まさか父

記事を読む

tetsuya-komatsu

同友会と私「有限会社 安芸グループふぁーむ」

同友会と私 「有限会社 安芸グループふぁーむ」 代表取締役 小松 哲也  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


PAGE TOP ↑