*

謹賀新年

公開日: : ご挨拶

新年あけましておめでとうございます。
皆様方には晴れ晴れしい新しい年をお迎えのことと思います。
一昨年、高知同友会は設立30周年の節目の年を迎え、昨年は新たな30年向けての再出発の年となりました。長年お世話になりました高須の事務局も災害時のことを考え南川添に移転しました。
同友会活動の要である例会につきましては理事が企画運営に責任を持って開催しています。10月の設立記念例会には100名を超す参加があり、活気のある例会となりました。
また、経営指針成文化と実践講座は中同協発刊の「経営指針成文化と実践の手引き」、「経営変革支援プログラムステップⅠ」「ステップⅡ」の三冊をテキストとして年2回開催し、9社が終了予定です。社員教育も共育講座を9回の連続講座として開催し、9社24名の参加で年々充実した内容になっています。例会づくりと経営指針成文化と実践講座、共育講座を軸にして同友会で学び、自社で実践できる仕組みが整いつつあります。
ブロックも中四国から四国へ組織変更となり、四国の4県の交流が密になっています。1月26日(金)の新春交礼会では「四国を労使見解の聖地としよう!」と呼びかけている徳島同友会の山城代表理事にご報告いただきます。ぜひ、お誘い合わせご出席ください。
会員の皆さまには同友会のツールを最大限活用いただき、平成30年が昨年以上に素晴らしい飛躍の年となりますよう心から祈念いたしまして新年のご挨拶とさせていただきます。

代表理事代行 大石真司
       安岡浩史

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


PAGE TOP ↑